オリジナルTシャツを作成する場面とは

オリジナルTシャツを作成する場面で一番多いのが、高校や大学などの文化祭や体育祭の時にクラスや部活の仲間で作成するケースです。特に高校の体育祭などでは、クラスの団結力を高めるためにクラスのオリジナルのTシャツを作成することが多いです。学校によっては、体育祭の伝統のようになっている学校もあります。毎年同じようにTシャツを作っているので、依頼する業者も固定されていて価格も格安な価格で作ることができるところがほとんどです。また、大学生の部活動やサークルなどでもオリジナルのTシャツを作成することがあります。体育会系サークルや部活などの場合は、ユニフォームとは別にTシャツを作ることも多く、移動用や練習用にメンバー全員同じTシャツを着ている姿も多く見られます。そのようなデザインしたオリジナルTシャツの効率的な作成方法を紹介します。

オリジナルTシャツの作成方法は?

オリジナルTシャツの作成方法として一番手軽なのは、インターネットで作成する方法です。インターネットでTシャツの生地やデザイン、カラーなどを一から作ってオリジナルのTシャツを作ることができる会社が多くあります。デザインも個々に自分たちで作成して、そのままTシャツに反映することが簡単に出来るようになっています。また、予め元となるデザインが決められていて、色や文字などを自分たちで変更して作れる所もあります。一から作成する場合と決められたデザインの一部を変更する場合では、掛かる費用が異なる場合が多いです。掛けることが費用によって、自分たちに合った方法を選ぶことができます。業者によって価格も様々なので、作成する場合は数社から見本となるものを見せてもらって、見積もりを取ってから決定する必要があります。

デザインをそのままTシャツにするには?

Tシャツにするデザインを作成して、それをそのままTシャツにするにはいくつかチェックしておくポイントがあります。完全に一からデザインを作成できるかどうか、業者によって異なるので事前にチャックしておく必要があります。最初のデザインからオリジナルのものを作る場合でも、業者によって手順が異なります。インターネット上ですべてデザインを描いて、それを元にしてTシャツを作っていく方法もあります。また、FAXなどで元となるデザインを送って、それを元に専門のデザイナーがデザインを書き起こす方法もあります。本当に自分たちだけでということに拘るのであれば、自分たちが作成したデザインをそのままTシャツにすることができる業者に依頼した方が良いでしょう。デザイン画の上手さなどに拘るのであれば、元となるものから専門のデザイナーに書き起こしてもらうことができる業者に依頼した方が良いです。

ホームページにデザインテンプレートがあるので、だれでも簡単に作成できます。 お客様からのレビューが3000件以上あり評判が大変良いです。 製作前にイメージ図を確認できますので、よりお客様のイメージに近いTシャツの制作が可能です。 版を半永久的に保存してあるため追加の製作が可能で価格的にもお得です。 オリジナルのスウェットやエプロンも取り扱っています。 レビュー数No1!!オリジナルTシャツはインファクトリー