オリジナルTシャツの作り方のコツについて紹介

オリジナルTシャツは、学生であればクラスや部活動のメンバーなどで揃えて作ったり、社会人であってもチームの物や会社の物などを作ったりする機会があるものです。みんなでお揃いのTシャツを着ることで団結感が生まれ、よりお互いの仲が深まったり、何か目的を持って活動しているときはそれに向かって一致団結して進んでいくことができるようになるなど、その魅力は大きいです。他にも、会社のPRなどに使うことができるオリジナルTシャツは様々な会社で作ることができますが、初めて利用する人はどこに頼んだらいいのかわからなかったり、どのようにデザインしたらいいのかわからなかったりするものです。ここでは作り方のコツを紹介するのでより良いTシャツ作りに役立てていただければ幸いです。

オンラインで注文できる会社を選ぼう

オリジナルTシャツが作成できる会社はいろいろありますが、その中でもオンラインで注文できるものを選ぶのが1つのポイントです。理由として挙げられるのが、店舗なので実際に打ち合わせをしてTシャツを作ろうとする場合、対面して打ち合わせする担当者に押されてその日のうちに契約をさせられてしまったりすることがあるためです。また、実店舗の場合はお店が用意したデザインしか利用できなかったり、新たなデザインを追加する場合は追加料金がかかったりすることもあります。オンラインで注文できるところなら、サイト上でデザインを決めることができ、ゆっくりと自分に合ったところを探すことができます。オンラインでは実際の色や素材等が分かりづらいという点も、サンプルの貸し出しなどのサービスを行っている会社を選べば実際に確認できるので安心です。

用途に合わせた印刷方法を選ぼう

Tシャツにオリジナルのデザインを印刷する方法はいろいろあり、それぞれに耐久性や見え方などに違いがあるため、用途に合った印刷方法を選ぶことが重要になってきます。最もポピュラーなシルクプリントは、美しい仕上がりと自然な風合いが人気ですが、細かい部分の再現が難しかったり、型代が高くなるため少ない枚数の発注には向かないと言う面もあります。少ない枚数の発注なら圧着シートを用いたマジックプリントが適していますし、高級感や洗濯への耐久性を求めるなら刺繍がおすすめです。それぞれの印刷方法の特徴やメリット、デメリットなどを十分に理解し、予算や作成枚数なども考えながら最適な印刷方法を選んで作成することが、より良いオリジナルTシャツを作るためには重要になってきます。